いろは堂書店

☆ありがとうございます☆

みんなのお店
成長・進化・協調・調和
笑顔



メール会員登録(無料)
会員特典









2019年本屋大賞受賞

「そして、バトンは渡された」

瀬尾まいこ著
本体1,600円
文藝春秋

私には五人の父と母がいる。その全員を大好きだ。
高校二年生の森宮優子。
生まれた時は水戸優子だった。その後、田中優子となり、泉ヶ原優子を経て、現在は森宮を名乗っている。
名付けた人物は近くにいないから、どういう思いでつけられた名前かはわからない。
継父継母がころころ変わるが、血の繋がっていない人ばかり。
「バトン」のようにして様々な両親の元を渡り歩いた優子だが、親との関係に悩むこともグレることもなく、どこでも幸せだった。















新刊情報
おすすめの本
信じる信じないはあなた次第です
ご予約受付中
お得情報
ポイント会員募集

お知らせ
営業時間・アクセス
└最新情報をお知らせいたします
お問い合わせ

お友達に教える


訪問者:32083
本日:6
昨日:8
いろは堂書店のブログ

eしずおか
ページ